上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ベルリン 8日 ロイター] ドイツ・ドレスデンの刑務所で、未成年強姦の罪を認めた男が散歩の時間に脱獄を試み、4階建ての施設の屋根の端に追いつめられた。この模様がテレビで生中継され、ドイツ中の視聴者がクギ付けとなった。

男は36歳の失業中の技術者で6日、今年初めに13歳の少女を拉致し、5週間にわたって監禁したことを認めた。男は看守を振り切って、施設の壁をよじ登った。

ドイツの各テレビ局は通常番組を変更して、刑務所の屋根の端を行きつ戻りつしている男のライブ映像を放映した。男はその後、看守から取り押さえられた。

男の名前は「マリオ・M」とした明らかにされていない。1999年にやはり未成年を虐待したとして有罪になり、3年間服役していた。マリオは今年1月11日、ステファニーちゃん(14、事件当時13)を学校から帰宅途中で拉致、自宅に監禁して性的暴行を加えた。


 罪状その他は兎も角として、リアルタイムでこの様な事件が見られるとは、正直羨ましい。リアルタイムによる事件放送等、日本ではついと見た事が無い。漫画版パトレイバーのラストバトル位だ。

 さて、話は変わるがどうやらこの男、再犯である様だ。食欲、睡眠欲、そして性欲は人間の三大欲と言うし、性犯罪は一度味を占めると止まらないみたいな話も聞くが、どうしようも無い奴だ。お茶の間にその醜顔が映って良かったのでは無かろうか。

 所で、マリオと言う名前は独逸人名では無い様だ。調べたが、ラテン語のMariusから来た者であるらしく、伊太利亜人に多いらしい。キノコでカメでピーチと言うちょっとお前それどうなんだと言う配管工も同名だ。恐らく、そちらの血が入ってるのでは無かろうか。と言うか入ってると思いたい。男の癖に硬派じゃない独逸人等認めん、認めんぞ私はっ!!!!

 ともあれ、マリオはこれなんて着るべきだと思う次第。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/49-cb5c30f2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。