上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 数日間のどんよりとした雲模様が開けて見れば、すっかり秋の風が吹く様になった今日この頃、如何お過ごしか。理である。誕生日と言う事もあってかこの季節が一番体に(どちらかと言うと十月だが)に合うね。お気に入りの緑のジャケット、自称ケインジャケットを気兼ねなく着る事が出来るし。

 所で今の今までゲオのバイトに行っていた。
 早仕舞いをした後、決算としての棚卸をする為、何時もだったら『嗚呼後一時間で帰れるぜさっさとDVDを棚に戻して来るか』と言うしんみりとした気分になる十時に出社。そこはかとなく黄天化の莫邪の宝剣を思わす(一般的にはSWのライトセーバーで結構)赤外線チェッカーでせっせと在庫チェックに励んでいた。

 それが大体二時間半と言う所か。最初の方でチェッカーの電池が切れると言うアクシデントがあったり、またチェック漏れを探したりして結局帰って来たのは三時近くだった。まぁ体力的には別に問題は無いからいいがな、寧ろ脳内の灰テンション具合の方が危うい。気付いたら書き途中でこんな時間だしな。

 さて、それはさて置き、バイト先の事務所にはが頻繁に姿を現す。別に飲食店でも無いのにと言えばその奴が何者なのか直ぐに解るだろう。そう、基本的に固有名詞で呼びたくないあいつである。

 回りが竹薮で自然豊かな場所と言う事もあるが、それ以上に調理する訳では無い売っているのは無機物とサービスと言う油断がその発生を招くのだろう、兎に角良く見る。そしてそれがまたでかいのである。今日見た奴なんかは、遠目でもはっきりと、触覚すら歴然と確認する事が出来た程だ。明らかにやばい状態であり、バル○ン(こうするとまるで何処ぞの宇宙忍者だな)も進言したがセキュリティ装置がある関係上却下された。今こうして書いている時も這いずり回っていると思うと背筋に怖気が奔る。もう秋だと言うのに実に嫌な話だ。

 所で何故我々人間はかくも奴を嫌うのか、と言う話の一つに(これは前に書いたかもしれないが)昔奴はでかく大きく、人を喰らっていたからだ、と言う説がある。本当かどうかは知らないが、奴なら……奴ならありうると言う凄味を感じる。勿論悪い意味で。

 そう言う訳で秋が来たばかりにも関わらず、速く冬が来ぬかとも思う理であった。

 と言うかさっさと根絶されるべきだがな。全く、嫌な奴ほどしぶといとは本当だな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/502-28563a6b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。