上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.01 September Disease
 十代の終わりまで後二週間と二日(挨拶)

 Guten Abend,だが実際の所、既に気持ちは二十代前半から半ばの間を行き来している理である。

 そう言う訳で十月と相成った訳だが、別に特に何かある訳でも無い。と言うか腹が痛い。
 実に下な話で申し訳無いのだが、もうかなり危うかった。特に朝方は。今は落ち着いてはいるが、一体全体何があったんだこれは、と言う状況である。鼻の方も厳しい状況であり、どうやら風邪を引いて、菌が腹に行ってしまった様だが、はた迷惑な話だ。

 ただ、鼻に関してはこの季節になると毎度の事なので別にもう気にしてはいないがな。何だろう、どうもこの時期の体温調整が苦手で、昔から風邪を引き易いのだ。まぁ、理由としてはそう言う肉体的なものよりももっと、精神的なものの方が強い気がするがな。

 精神的、そう、精神的。五月病と言うのは良くあるが、確実に九月病と言うのもまた存在すると思うのだよ。もう十月だが。要するに夏休み明けのぐったり気分と言う奴である。多分学生限定で。そもそも夏休みの短い社会人では掛かりようがあるまい。新環境に対応出来ない事による五月病と違って。

 まぁそんな感じでぐったり来たんじゃないか、と便座に座って西原理恵子なんぞを読みながら思っていたのだが、読み終えて出て、何か暖かいカップスープでも飲もうと台所に行ったら、一昨日飲んだ牛乳のパックが開かれ、洗われていた。

 太字にした事から既にオチが推察出来ると思うが、そう言う事である。 折角九月病なる珍妙な言葉を出して悦に浸っていたと言うのに、全く持って台無しだ。まぁこんなくだらない事を考えるのも、一種の病なのではあるだろうが。嗚呼、早く原稿を仕上げねば。こっちは二週間と四日だよ、おい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/513-e8f0ae80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。