上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 積まれて来るカードと 消えて行くライフの ローウィン ローウィン

 嗚呼 僕達の この愛しさは 五色の色した 宝玉(オーブ)


 こんな替え歌が頭の中から沸いて来た。朝と夜の物語の使い勝手の良さは半端無いと思うね。

 そんな意味不明な事は置いといて、今回はMTG新エキスパンション『ローウィン』の話でもする。
 これの発売に伴ってエキスパンションの構成及びスタンダードの編成が変わったが、ここでは問わない。

 自分は今の所大会に出る予定も無く、専らサークル内で戦っているので。まぁそれでも、何時でも出られる為に+誰とでもやれる為に+何でもありは正直つまらない為にダードで組んでいるがな。ここであえて言わなくとも、幾らでも言明している所はあるだろう。

 そう言う訳で、カードの方に目を向けたいと思う。

 まぁ何はともあれ目玉はプレインズウォーカー(以下PW)であるな。今までカード化されなかったのはPW=プレイヤー=次元を行き来し、勝利と、魔法=カードを得る為に戦う偉大なる魔法使いという設定だったからだが、ここに来て満を持しての登場という訳だ。

 ルール的には、もう一人プレイヤーを作る感じか。イメージ的には、次元を超えて協力を請うという所だろう。ビジョン的にはスタンド或いはペルソナ。まだ手に取っていない為どの様な感じかは解らないが、総じて強力な能力を持っており、マナカーブとデッキコンセプトに合えばとりあえず一枚でも通じるのではと思う。

 ストーリーが好きな身としては、これで他のPWがカード化される可能性が出て来た訳で、往年のPW達が現れたら嬉しい所である。特にカーンが出たら喜ばしいな。

 で、こちらが今回カード化された五色のPWなのだが、皆格好良いな。そこそこ強くて格好良い人型は珍しい。MTGは基本的に、見た目と能力は反比例するからな。まぁ格好良いと言ってもあちらさんの感性ではあるが。

 特にお気に入りは青のPW、ジェイス・ベレレン/Jace Belerenである。その能力もバウンス好きの自分としてはターボ系のデッキが組めそうで大変宜しいのだが、それよりも何よりも見た目が格好良い。

 何と言うかあれだ、

 何処ぞのキタローそっくりだ。

 多分LV100余裕で超えているだろうがね。

 その格好良さに、今の自分の壁紙はこいつである。いやぁいいね不屈の青って感じで。上でも上げたが、ちょっとこいつと吠えたける鉱山/Howling Mineを入れたバウンスデッキでも組んで見ようかと思う。

 さて、そのPWから目を離して他のカードに移る訳だが、余り心に届いたのは無いな。これは今回のテーマは『色固定の部族』なのだがその固定色の中に青緑が無い為であり、何者かの陰謀と見て間違いあるまい。対抗色は駄目なのかと思ったら赤白ジャイアンツは居るんだよなぁ。まぁ、世界観に合致する部族が居なかったのかもしれないが、少し残念である。

 だが色々と素敵カードはあったな。

 中でも気に成ったのは霧縛りの徒党/Mistbind Clique枯渇/Mana Shortに一マナ足したらあら不思議、4/4飛行クリーチャーが付いてきちゃった。まぁそれだったらどれだけ美味しい事かだが、実際はフェアリーを一体必要とする。それでも強力には違いなく、ついえし希望/Sunken Hopeと組み合わせる事で良い動きが出来そうだ。今のデッキに入れても問題あるまい。

 ただ、今の青緑のバウンスデッキにはフェアリーがいないのがあれだがな。フェアリーと言えば、やっかい児/Pestermiteがなかなか小技が効いていて良い。こういう、色々と使い勝手良く、再利用し易いクリーチャーは大好きだ。霊気撃ち/AEthersnipeなんかも良いな、何処ぞのエイが堕ちたらこちらを遣おう。或いは両方とも。

 そんな感じでローウィン。今上げた連中を元に、何時も通りのバウンスデッキでも組んでみるか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/519-8b8cc0d4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。