上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 実質的に数日間も記事を上げていなかった訳だが、金土日月と我が愛知大学の文化祭に赴いていた。
 去年はサークルに入っていなかった為に参加せず、今年初参加となったのだが、愉しい日々であった。

 我がサークル、ミステリー同好会(略すと某ドーナッツ店になるのでミス研=ケンと自他ともに呼んでいる)は 会誌『黄金虫』の他に、フランクフルトとサザエの炭火焼……こう書くと格好良いが、実際はげふげふ……を販売したのだが、染み込んだゲオ店員の血がふつふつと疼いたものだ。いらっしゃいませこんにちはー。

 その甲斐あってか、売り上げもそこそこ行ったな。会誌の方は、当初の予定よりかは少ないが、まずまず売れた。人数増加からの執筆量増加に伴って四部刷りとなり、値段も去年の二倍の五百円になった事が響いたのだと思われる。因みに、二十人近く部員が居る中、自分ともう一人の後輩だけで総枚数の三分の一位を締めているのは公然の秘密。

 自分の所以外だと、そうだな、クイズ研究会のクイズ大会に参加して来た。午後でアニメ・ゲーム部門という、なかなかにきな臭い所に行ったのだが成果は芳しくなかった。悔しがるべきか喜ぶべきか判断に迷う所であるな。後、以前少しだけ言ったビジュアル系の後輩が、三位と差をつけて一位へ肉薄する二位になった時、その底力に心底恐れ入った次第。思えば午前の同部門にて先輩が漫研を抑えて一位を圧倒的差でもぎ取り、更に三位まで現れ、賞金総額をかなり奪って行く辺りに、サークル自体の凄味を抱かずには居られまいな。

 祭りとしてはそれ位で。正直、一番愉しかったのは祭りの後の泊まりと、また打ち上げの方で、有り余る時間を使いTRPGと、そしてカラオケへとしゃれ込んで来た。

 TRPGはクトゥルフの呼び声で、実質的に初めてのプレイとなったのだが、マスターがしっかりしていた為か面白くシナリオを終える事が出来た。ゴスロリ少女探偵リボルバー使い、口だけ達者な猫仮面古物商、ライフルを得物に矢鱈打撃力の高い軍医、ガトリングを隠し持ったイケメンエル・マリアッチがミーゴを倒すという、今思い返すと良く解らない展開だったがな。

 カラオケの方は、更にカオスな展開に。皆好き勝手やりたい放題という所だったな。自分は、最早片霧烈火と霜月はるかを微塵も感じさせない昭和的特撮ソングと化した魂の慟哭を友人と共に熱唱(それも二回)したり、侵略する者される者にて『血に塗れたる仔らが』と盛大に罵って見たり、俺の屍を超えてゆけからOPである花を合唱して見たりしていた。

 まぁそんな感じで愉快な数日であった。その反動で実に疲労困憊しているが、まぁこういうのも良かろう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/538-e17e628d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。