上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.13 趣味全開
 Guten Tag.王・YouTubeことようとぅべで、世界制服をたくらむモララー第一期OP第二期OP劇場版を見て、涙腺が緩んだ・里だ。思えば、これが作られた辺りから本格的にこちらの世界に入った覚えがあり、懐かしい思いである。尚、YouTubeはようとぅべ以外に認めない。

 さて、話変わるが、津名氏から貰った『自PCで恋愛ゲー!?バトン』を今更ながら応えて見る。
 貰った直後に全キャラでやろうと思い至るも、世界観がバラバラな為、ついでに自分の演じたキャラが根本的に四種類位しかいない事に思い至り断念。需要があるとすれば一番高そうで、既に完結しているアリスでやる。因みにイメージは某突撃行軍歌である。

アリス@BU

1.自PCで恋愛ゲー!?バトンでは、攻略される側ですがOK?
アリス@無表
「…構わない、けど…。」


2)自PCで恋愛ゲー!?での登場シーン(希望)をどうぞ。
 商店街のアーケードに初めて行くと遭遇イベント発生。

1.
 黒髪に黒眼、所謂ゴシックロリータ調の黒い服と、黒尽くめの少女がうろついている。
アリス@無表
「…あの…この辺りで、白い猫見ませんでしたか…?」

・君の猫?→こくり、と小さく少女は頷いた(2へ)
・無視する→少女は寂しそうな顔をして去って行った(友情、愛情度ともに-10)

2.
 少し考えた少女は、上目遣いにこちらを見ながら、小さく唇を開いた。
アリス@無表
「…あの…一緒に、探して貰えません、か…?」

・勿論喜んで。→「…ありがとう、ございます…。」(友情、愛情度ともに+10。名乗り、猫探しイベントへ)
・ごめん、時間が。→「…そう、ですか…いえ、すみませんこちらこそ…。」(友情、愛情度変化無し)

3)自PCで恋愛ゲー!?でのキャラ特性をどうぞ。
・無口無表情
・ぼそっと毒舌
・貧乳
・ゴスロリ
・献身
・大食

4)自PCで恋愛ゲー!?でのツンデレ%を、オリジナルスパイスを加えて現して下さい。

ツン:0%
デレ:100%

5)自PCで恋愛ゲー!?での強気特性をどうぞ。
アリス@無表 
「…何それ食べ物…」

6)自PCで恋愛ゲー!?での好感度上昇の仕方についてどうぞ。
カヤ@微笑
 基本的に会話だけで大丈夫。教室の隅に独りでいる彼女に積極的に話しかけましょう。また、女子生徒の陰険ないじめから颯爽と護ってやってください。上手くやれば、一日、いや、半日で人目が退くラブラブ状態に持ち込む事が可能です。

 その逆に何もしないとどんどん下がります。他の女と仲良く話す等盛ってのほか。

7)自PCで恋愛ゲー!?での好みのタイプについてどうぞ。
 包容力があり、自らを理解してくれる人物。

8)自PCで恋愛ゲー!?でのPCのツボ(萌えシチュ)についてどうぞ。 

 突然の夕立は容赦無く降り注ぎ、体から熱を奪って行く。

 飛び込んだ軒先、自分と同じく雨宿りしているのだろう、彼女がいた。

アリス@無表
「…あ…。」

 顔を上げた彼女に声を掛けながら横に立つ。

 しっとりと濡れた黒髪や、白肌に張り付いた着衣が艶かしい。

 思わず顔に上る血を振り払いながら、顔を背ける。

アリス@無表
「………。」

 無言。

 特に話す事も無く、お互いじっと前を見ている。

 辺りからは人の声も、車の音もせず、雨の音だけが耳に入る。

 一つの音しか聞こえないと言う、相対的な静寂。

 自分と彼女、世界に二人だけしかいない様な錯覚。

 二つの感覚に包まれながら、どれ程立っただろう。

 何時しか雨は止み、西の空から今にも沈み行く太陽が雲間から見えた。

 横を向けば、誰彼と轟く夕日を浴びる彼女がいた。

 ん、と生まれて初めて光を見た様に恍惚と震える。

 その姿に何も言えず、見つめるばかりの自分の視線に気付いたのだろう。

 彼女の方も横を向いて、くすりと微笑んだ。

アリス@無表
「…行き、ましょう…?」

 あぁ、と情けなくもそう応えるしか出来ない自分を尻目に、彼女は黄昏に歩み出た。

9)自PCで恋愛ゲー!?での(トゥルー?)エンドについてどうぞ。
バッドエンド『死の味のキス』
 彼女との愛情度が100を超えた状態で、他の人物(男女問わず)と愛情度50以上になると強制発生。

 弁当を食べるには絶好の穴場、屋上へ彼女に呼ばれた自分。

 何時もの様に手製の弁当を二つ持って来た彼女だったが、今日は何処か暗い。

 そういえば、○○と仲良くなってから様子がおかしかった。

 嫉妬、しているのだろうか。

 気まずい空気を察したのだろう、微笑をたたえながら、彼女は弁当のおかずを一つ口に入れた。

アリス@無表
「…美味しい、よ…。」

 その表情は、自分と話す時の何時もの彼女のそれである。

 気の所為かと思いながら、彼女に笑みに応えつつ、自分もおかずを口に入れた。

アリス@無表
「…ごめん、ね…。」

 !?

 おかずが胃の腑に落ちた瞬間、猛烈な吐気が自分を襲った。

 前のめりに倒れながら、がはっと吐き出したそれは血の塊。

アリス@無表
「…一緒に、死んで…。」

 朦朧とする意識の中、つぅっと唇から血を零す彼女の唇が見えた。

 彼女は、唇にそっと紅を塗ると、自分の唇と自らのそれとを重ね合わせた。

 同時に、ぽたりと頬に当たった雫の感触を最後に、自分の意識は消えた。

トゥルーエンド『祝福の白』
 特にイベントは無し。条件は愛情度120で最終日まで到達する事。
 ゴーンゴーンと、時告げる鐘の音が聞こえる。

 目の前には、白い猫を肩に乗せる彼女が立っていた。

 初めて逢った時とは対極の、純白のウェディングドレスを纏って。

アリス@無表
「…行きましょう…?」

 何時か聞いた台詞を言いながら、彼女は自分の方に手を伸ばした。

 ああ、と確たる声を響かせながら、自分はその手をぐっと握りしめた。

ハッピー(?)エンド『それでも』
 バッドエンド時、体力が4000を超えていると発生。

 弁当に仕込まれた毒に打ち勝ち、バッドエンド時とは逆に自らの方から彼女へ口吸い、毒を裏返させる。

 尚、某突撃行軍歌においても、体力4000は行けた。理論上は4500以上行ける。
10)自PCで恋愛ゲー!?バトンを渡したいPCを5人どうぞ。
 攻略したい人は持って行ってください。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/54-11cb348e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。