上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 [ハノイ 14日 ロイター] ベトナム中部で先週末、洪水によるおりの崩壊で淡水ワニが養殖場から逃げ出す事件が発生、兵士やレンジャーが65匹を捕獲したものの、まだ数百匹が捕まらないままとなっている。当局者が14日、明らかにした。

 兵士は8匹を射殺、生きて捕獲したものは養殖場に戻した。地元住民も協力し7匹を殺したが、何匹の淡水ワニが逃げ出したのかは正確には分かっておらず、推定では数百匹と考えられている。同養殖場では登録上では5544匹を飼えることになっている。

 当局者は、淡水ワニは内陸では人や動物を襲う可能性があるが、海水の中では生きられないため、観光客に人気の砂浜に出現することはないだろう、との見方を示している。


 自分が勤めているゲオの新作レンタルコーナーにて、ディノクロコダイルという、実に素敵C級作品を見つけただけに、何ともタイムリーな話題である。因みにその作品は、アルバトロスだと思ったら違った。残念。

 まぁしかし、これはあれだな。

 下水道に巣食い巨大化或いは大量発生による襲撃の伏線と見て間違いあるまい。

 亜米利加のトラウマ、越南であるからな。戦争の時に使われた科学兵器云々で突然変異の一つや二つしても誰も驚くまい。で、中盤。海なら大丈夫と高を括っていた観光客がバクバク喰われるのである。実に見物だな。

 冗談はさて置き、実際結構怖い話である。

 何が一番怖いというか嫌かって、あれだ、当局者のコメントで、現地住民に対する遺憾の言葉が出ていない事だが。幾ら越南人平気そうだからって、外人の方が重要だからって、ちょっとは言明して置いた方が良いのではなかろうか。

 (もしかしたらもっと何かしら言っていたのかもしれないが)少し越南が垣間見えた気がするな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/552-ec6dc66f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。