上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.11.13 究極生命体
[シドニー 13日 ロイター] 飲酒運転の疑いでアルコール検査のために車から降ろされた男性が、生きているヘビで警官たちを脅した。

警察は11日夜、ノーザンテリトリーのダーウィンを出たところで、この男性の車が急ハンドルをきったのを見て、停止を命じた。

規定を大幅に上回る血中アルコール濃度を記録した男性は、道路へ走って出て、生きているヘビを拾いあげた。

警察によれば、「ドライバーは生きているヘビで武装し、ヘビの頭を警官たちに向けて脅しました」とのこと。

警官たちはを地面に落とすよう命じたが、彼はそれを持ったまま低木林に走っていった。彼は飲酒運転の容疑で起訴され、ダーウィン下級判事裁判所に出頭する予定。


 小賢しい知恵=滑稽なまでに肥大化した頭部のみを持ってして、地球の覇者となった我々人類は、肉体的には他の生物達に圧倒的に劣ると言わざるを得ない。

 泥酔し判断能力を半ば失っていたであろう為の行為とは言え、を武器に用いたのは見事だ。それが結局捕まる事となり、しかも進化論の根源たるダーウィンの名を冠する裁判所で裁かれる事になるのは皮肉としか言い様が無いがな。

 さて、しかしこれは良い手では無いだろうか。最終的には敗れたとは言え、屈強な欧米警察官を怯ませたのである。もとい動物を使うのは、もしもの時に大変有用な手段では無いだろうか。

 とは言え日常的になんてなかなかいないし、凶暴な類の動物もいない。

 そこで、こんなものを用意して見た。

 何れも、海兵隊に勝るとも劣らぬ猛者達である。もし、諸君がピンチになった時は是非試みては如何か。

 性能?嗚呼自分か?そりゃもう言う事は無い。負けだ、完 全 敗 北 だ。ぬこいいよぬこ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/56-b393e6c8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。