上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 何回やっても何回やってもキスキンが倒せないよ(挨拶)

 まだタルモゴイフ使いがいないのが幸いであるが。理である。待ってよサッフィー。

 まぁそういう訳でMTGの話題だが、もう嫌と言う程後輩にフルボッコにされている。
 前にあげたデッキだと、やはり聊か展開が遅く、速度で負けてしまう事が多々あるのだ。コントロール及びパーミッションに類するデッキを使っている人間が、自分含めて僅か少数、実質的には自分のみという状況がそれに追い討ちを掛けてくる。

 何とか対処出来ないものかと考えて、考えた結果、

 無限マナコンボデッキを造ろうという考えに至った。

 これならばウィニーとか何とか関係ないしな。決まれば。

 で、カードリストを眺めてる内に、ローウィン込みのスタンダード、しかも青緑で発見。

 用意するものは、

くぐつ師

燭台の大魔術師/Magus of the Candelabra
 
はびこり/Overgrowthが二枚エンチャントした島を含む土地四つ

ブライトハースの指輪/Rings of Brighthearth

 まず土地をフルタップし、四マナ+はびこりから四マナの計八マナ生み出す。

 その内の四マナを、燭台のX=2と、指輪のコピーで二マナ使い、土地をフルアンタップし、四マナ残る。

 そこからくぐつ師の能力を使い、能力コピー。自身と燭台を対象にアンタップ。

 この時点で一マナ残っており、以下この挙動を繰り返す事で無限マナと相成る。

 どちらもクリーチャー絡みでT込みの起動型能力なので、千年霊薬/Thousand-Year Elixirも入れておこう。で、勝ち手段としては、ラクァタス大使/Ambassador Laquatus。赤マナが出ない構成であるのもあるが、ラクァタスもくぐつ師も職台もウィザードであり、ヴィダルケンの霊気魔道士/Vedalken AEthermageで引っ張って来る事が出来るから。

 またテストで組んだデッキに入れていて初めて気付いたのだが、スパイク系のカウンター移動能力をコピーして自分を対象にするとあら不思議、カウンターが一個増える結果に。ただの防御カードとして入れていたスパイクの飼育係/Spike Feederがこの事で物凄い意味を持ち、無限PTのフィニッシャー或いは無限ライフへの繋ぎ手へと化したのは言うまでも無い。

 で、やってみた所、まぁ微妙である。実は自分でもいまいち理解出来ておらず、はびこり二枚が必須である事にはプレイしている最中に気が付いた訳で、キーカード五枚と言うのはコンボとしてかなり苦しいものがあるな。

 それよりも、上のスパイクや、くぐつ師を使った大量タップ能力が地味に強かった。

 無限マナはやめてそちら方面でデッキを組んでみようかと思った次第。

 何と言うか、折角パーツ集めてきたたのに、あっと言う間に意味が無くなるのが哀しいが。

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/575-1d887d70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。