上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 少し前にメガ牛丼の記事を書いたが、何を思ったか吉野家のバイトがそれに対抗し、テラ豚丼なるものを造ったらしい。それもバイト先にて。更に、事もあろうにニコ動にアップまでしちゃったからさぁ大変。冬ともなって空気が乾燥している為か、実に愉快に燃えている様だ。
 まぁ、メガと来てギガを経てテラに向かうその発想は誰しもが考える事であり、大盛りというのはある種の男の拭いきれぬ浪漫であり、また動画を上げて評判を得ようという気持ちも解らぬでは無いが、それにしてもお粗末で品性が無く、余りに思慮が足りないと言わざるを得ない。

 特に不味かったのは場所である。これがしっかりと金を払ってお持ち帰りし、自宅にて実践してアップしたのであれば、上にも言った通り良くある発想だから、笑って或いは哂って済まされただろう。食べ物を玩具にするな、という意見もあるが、そんな事は皆がしている事で、殊更にこのバイトだけを責める訳には行くまい。

 だがこいつは吉野家の厨房でやってしまった。それが頂けない。確かに速さが第一のファストフード店であるからにしてその衛生状態は決して最良のものとは言えず、客もそれは解っている事と思われるがしかし、最低限度は保たれているという名目はある訳で、それを公然と否定してしまっては料理屋として致命的である。

 これによって現れた風評(バイトへの指導不足、厨房の不衛生さ)はなかなか拭えない。時間と共にその印象は薄れ、皆普段通り食べに行くだろう。今まで食べていた奴は何だかんだ言いながら今からでも食べに行くだろう。が、こうこうこう言う事があったという事実が消える訳では無く、この事件はネタとして語り継がれて行く。

 その噂によるイメージの損害は少なからず利益に直結する。それを何処まで重く捕らえるかは吉野家次第であり、そこに会社としての評価がある訳だが、まぁ特定され、このバイトがクビになるのは間違いあるまい。一時の笑いに奔って見事に滑り、あえなく長期の哂い者になってしまったのは可哀想といえば可哀想だが、致し方無いな。

 と、ここまで散々言って来て何だが。

 理は吉野家よりもすき家の方が好みであり。

 豚より牛の方がまだ食えるので、別に豚丼とか興味無かったりする。
 

 吉野家・豚丼ファン乙という所であり、まぁぶっちゃけその一言が言いたかった次第。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/579-257cb390
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。