上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 救済者(の誕生日)を貶める、異教徒は錆となれ(聖夜前夜的挨拶)
 
 Guten Abend,今日は一応クリスマスイヴと呼ばれている日であるが、特に何も無い理である。基督教じゃないからな。本番は本番で、サトゥルヌス信奉者姿で子供達に即物的夢を与えなければならない。十一月四日生まれの者と、その親達に、魔の宴の災いあれ。

 それはさて置き、昨日は我がミステリー同好会の忘年会に赴いて来た。
 一応、クリスマス会も兼ねていた様な感じだが、まぁ忘年会だ。

 昼間から出かけて、ボーリング、闇鍋、カラオケを今日の朝までやって来た。

 まずはボーリング。理がそれに行った最後の時は、確か小学校高学年の自分で、子供会か何かの地域密接型の行事で、だったと思う。バーが立ってガーターが存在しないレールで行われていたものの為、ボーリングと呼ぶにはちょっと無理があるか。

 なので、実質的に初となったのだが、スコアは二ゲームで150程。80、70幾つ、だった。最初にしてはこんなものだろうか。良く解らないが最下位では無いのが救いだな。一応見せ場として二ゲーム目8、9に掛けてダブルも取れた。ついでにラストゲームを我ながら見事なガーターで落すというオチもしっかり取ったがな。

 その後、一時間ばかりボーリング場の下にあるゲームセンターで遊び(こちらも久々に行ったのだが、エアホッケーやらガンシューやらで百円硬貨が消える消える)食材と酒の買出しへ行った後、メインとなる鍋に移行した。

 二つ作り、最初の一つは普通に寄せ鍋風味。こちらは酒に軽く酔いつつ、絡んだ相手を只管に呑ませようとする武道系の尖兵を掻い潜りながら、滞り無く愉しんだ。鍋も、なかなかに美味しかった。

 問題はもう一つの鍋。その単語を聞けば、何がどう問題なのか解るだろうが、それは闇鍋であった。

 自分はその為にアルトバイエルンを、そしてうなぎパイを持って行ったのだが、他の皆はそれの遥かに上を行くものを投入して行った。印象的なのはみかん、おでん缶、コンビーフ、どて煮、そしてぜんざい辺りか。

 上記投入品からも察しが着くだろうその鍋は、最早食べ物と形容する事が憚れる奇怪な橙色の固まりであった。臭いも味も、(吐瀉物の口語表現)であり、根性試しとばかりに一口食べて、悉く撃沈して行った。理は、一度空気に酔えば自重を知らぬ者が大半を占める色物揃いのサークルメンバーの凄まじさを改めて感じた。悪い意味で。

 錬成に失敗した出来損ないを処分し、サンタクロースに扮した先輩からプレゼントを喜んで貰い受け(言ってる事とやっている事が違うのは良くある事であり、また寛容は日本人の宗教観だ)最後のイベントとなるカラオケへと行き込んだ。

 これがまた何とも悲壮なもので、深夜である事と重なって半数が酒に酔って死んでいた。アルコールには弱い人種ばかりなのである。その割に、酔わなくても酔っている様なテンションとなる者達ばかりだが。

 で、自分はというと、その頃には大分酒も抜けていた為に、通常通りに唱歌。相変わらず高い声が出せず、レパートリーも少ないのが難点か。どうやったら高音が出せるのか、誰か教えて貰いたい次第。まじでまじで。

 まぁそんな訳で、愉快に過ごして来た。今年も残す所後僅か、このまま恙無く行きたい所である。

 因みに、カラオケの後明け方サークル室に戻り、UNOやって時間潰してたら自分も潰れたのは公然の秘密。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/585-84799dd6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。