上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 クリスマス、サタンが町にやってきてた。(気を抜いちゃった挨拶)

 気付かぬ間にシュワリスト達が闘っていた様である。やっちまった。バイトなんてしている暇では無かった。最近少しネタギレかな、と思っていた所にこれである。全く、油断も隙もあったものでは無いな。

 それはさて置き、今日も今日とて映画を見た。『ファイトクラブ』である。
 先の『ザ・シューター/極大射程 』と共に借りて来たのだが、きっかけは偶然この映画のネタを振った時に誰にも解って貰えなかった為である。(・3・)あっるぇーとなった訳だが、良く考えればもう七年も前の作品であるし、自分だって見たのはテレビ放映していたのを一度見たっきりだ。細部も曖昧だしこれは見ておこう、『ゾディアック』関連でレンタルコーナーの前面に出されているし、というわけで借りて来た次第。

 さて。改めて見るとこれがまた頗る面白い。

 ネタバレになるので詳しくは言わない(ある種の代表として、もう知れ渡っていそうな気がしなくも無い)が、この手のテーマを絡めた作品として、(微ネタバレ)ジョニー・デップと秘密の窓機巧士クリスチャン・ベールと見たが、今作が一番出来が良かったと理は思う。全体の脚本も細かい演出も上手いし、タイラー・ダーデン=ブラピもノリノリだ。最近少し鬱屈していた身としては、このノリがまた心地良い。そしてあのラストも素敵だ。全てが終わった中での主人公の凛々しい面構えが実に清々しい。

 なかなかに借りて来て見て良かったと満足した。これで七年も前だと言うから驚きである。

 で、この作品には原作があるらしく、そちらの評判も結構宜しいので、シューターの原作(こちらを読んだ人に言わせると、映画は残念な出来らしい)共々、冬休みに読んでおきたい次第。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/587-f2e839ac
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。