上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.12.29 珈琲陶酔
 Guten Abend,二千七年も後二日を数えるばかりとなったが全然そんな気がしない理である。

 所で今日、珈琲を飲んでいたら、形容し難い夢のラッシュを見た。
 既にもう大部分は忘却の彼方に飛んでおり、ここに書き示す事は出来ないのだが、別々の映画を切り貼りした様に、全く違うシチュエーションの夢が入れ替わり脳裏へと映し出されたのだ。

 思い出せる限りでその中身を書くと、バイトに二時間も遅れてどやされるものと、見た目はサソードなのに声と必殺技はモモタロスなライダーになって敵を倒すものという、ちょっと脈絡が無いにも程がある夢だった。

 しかももう内容は忘れてしまったが、この二つ以外にも明らかに違う夢を見ていたのだ。

 起きた時、それはもう凄い事になっていたね。人生で見た夢の中で三位に入れていいと思った。

 そういえば、先日は仲間内のネタ企画で書いていた小説を何とか書き上げよう(因みにまだ途中であり、完成しても一身上の都合によりここに上げる事は無い。というか、出来ない。某所には上げておく予定)と遅くまで起きており、その為に珈琲をがぶがぶ飲んでいた。それも何時もの二倍の豆で。

 前に見た映画『コーヒー&シガレッツ』によれば、珈琲を飲んで寝ると、まるでハイスピードカメラで撮ったかの様な高速且つ目まぐるしく変わる夢が見られるらしい(少しうろ覚えだ)。また、自分をある種のそっち系に引き込んでくれた……花帰葬は実に良かった。玄冬がね、頭抑えてね、苦悩する様がね、もうくはーっお前かっけぇなぁですよ、くはーっ……従姉曰く、珈琲の中のカフェインは瞬間的なもので持続性は無いのだそうな。

 それらを考えるに、珈琲カフェインを摂取する事により、クロックアップなドリームを見る事が出来る様だ。意図せず見た自分はなかなかに驚いたが、初夢でエキサイティングしたい人は、年越し珈琲でも試してみると宜しい。

 所で、紅茶や緑茶を飲んでも、何か変わった夢が見られたりするのだろうか。飲まぬ身としてはちょっと解らないが。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/588-16302919
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。