上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.03.18 oh my brother
 Guten Tag.昨日バイト先にDVDを返しに行っていた所、黄昏時の薄青色に染まる空の中、一番星すら寄せ付けぬ荘厳さで輝く上弦の月に、飛行機雲を上げて飛んで来た飛行機の影が映り込むという、凡そ映画か小説の世界にしか無い様な情景を見てしまい、結構な運を消費してしまったのでは無いかと明後日(今書いているこの時で明日)行われるMTGのブードラが心配になった理である。いやしかし、実際あるものなのだな。カメラで取ろうとして、失敗したのが悔しい所である。まぁ数秒程度だったから仕方も無いだろうけれど。

 所で話は全く変わるが、今日は我が一番下の弟の卒業式だそうである。
 気が付けば、もう小学生から中学生になろうとしている訳で、月日の流れるのを感じる。自分がこうしてBlogをやり始めた頃は、まだまだ子供と思いつつ、記事に名を挙げていたというのにな。

 しかし何が怖いかといえば、中学生になってますますにネットに触れる機会が増える事である。今だって結構やっている姿を見かけるというのに、これでその機会が増えれば、このBlogに辿り付いてしまう可能性も上がる訳だ。あな恐ろしや。や、まぁ、少年ジャンプを読む中でもブリーチとかその辺りを好む層向きの記事は書いてないので大丈夫とは思うが(D.Gray-Manは、どうなのか知らない。)

 さて、そんな弟に一度理は自分の作品を読ませた事がある。少女思想機械だ。

 その数頁を読んで、あいつはこう抜かしおった。

 「文字が多いし、変な当て字使ってて読み難い。」

 ……うむ、それは良しとしよう。他の者達にも普段から大いに言われている事だし、実際文字の量は多いから。

 ただ、である。

 その後で山田悠介に走るのは、ちょっと兄として如何なものかと思う訳だ。

 それも弟は面白いと評しおった。リアル鬼ごっこでは無く、Aコースという作品だったか。試しに読んで見たのだが、まぁ内容に関しては何も言うまい。そも読んだのは大分前だが、感想を上げていない時点で察して貰いたい。

 かく訳で、卒業という祝いの日に辺り、弟の将来が色々と心配になった今日この頃である。

 余談だが弟は、山田の後、東野圭吾のガリレオ(ドラマやってたからな)を読むも、即効挫折していた。曰く、漢字が多いらしい。そちらの方は気が進まなかったのでまだ読んでいないのだが、お前はまず始めにラノベから読めと全力で突っ込み、キノを渡しておいた。実際読んだかどうかは知らないが、まさかキノでもきつかったのだろうか。実に兄として心配な所である。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/625-e2e1b09c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。