上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 最近度々バイト先の有線に流れる上松秀実とやらの曲が、ろくでもない邦楽の中でも群を抜いて癪に障る。曲も歌い方も嫌で不快で堪らないのだが、何が一番微妙かといって、その歌詞だ。いや、音に関してはその人の趣味趣向が出る訳だから、何が好きだろうと(そして嫌いだろうと)構わないのだが、詩に関しては如何ともし難い。一般市民の方々は、これに共感し、感動しているのだろうか? 正直自分には理解に苦しむ限りだ。

 まぁ論より証拠という訳で、youtubeと、Yahoo!ミュージックから曲と歌詞を上げる。

 Dear My Friends/歌詞 

 個人的に今流れている『時代』という奴の方が嫌いなのだけれど、動画が見つからなかったのでこいつだけに。正直、出だし再生されただけで怖気が走ったのだが皆はどうか。ちょっと聞いて質問したい所であるな。

 で、今日余りに嫌で嫌で、我慢出来ずに有線チャンネルを今週のオリコンに変えたら、シェリルが宇宙兄弟船を大熱唱していた。……嗚呼、えっと、何だ、これが今流行の羞恥心という奴なのかね。うーむ悪くはないけどさー。その後に流れたランカ含めて、どうなのよオリコンさんよ。

 最後に、耳直しとして、最近お気に入りの曲置いておきますね。

 Beltaineという波蘭のバンドの『Bring to the Boil』というそうだ。

 
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/698-3bd2fc50
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。