上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ソニーでは、ハンコック、ハルク、アイアンマンが三ヶ月連続でDVD化されるという事で三強ヒーロー……いい迷惑な気がするがな……として扱っており、中でも発売日が一番早く、ウィル・スミスの人気があるハンコックが筆頭に上げられている(というよりも、他二つの扱いがあんまりだ。バイト先だとハルクなんて二本しかレンタルとして入れていない)のだが、ウィル・スミスが好きくないので無視して、インクレディブル・ハルクを見た。

 個人的には評価しているが、世間的にはすこぶる評判の悪い前作からキャスト等を一新した今作は、改めてハルク誕生を描くのでは無く、その続き、ハルクになった後の話として始められる。

 これがなかなか面白かったのだが、それと同時に前作が不評だった理由にも心から納得した。

 一作目はヒーローとしての苦悩、人間の心や境遇を持ったまま超人的力に目覚めてしまった男の葛藤と、それを如何に克服するかに焦点が置かれ、ドラマが展開されていた。ハルクの扱いは怪人というよりも最早怪獣で、GMNさんも言っていたけど、確かにモンスターに近かった。今作では更に苦悩の先、ヒーローとしての決意、超人的力と如何に折り合いを付け、それを使うかという点が重視されていた。前作ラストでもそれは明示されていたけれど、もっと解り易く、重みを置いて語られている。こちらの方が受けが良い訳だ。映画としては前作だって決して悪いものじゃぁ無いと思うけれど、ヒーロー映画としてはこちらに軍配が上がるかな。

 で、ハルクのヒーローとしての立ち位置に一役貢献しているのが、ティム・ロス演じるヴィラン(悪役)のブロンスキー=アボミネーション。ブルース=ハルクが、闇の中に潜む何かから、苦悩する怪物を経て、緑の英雄になって行く様に、彼も軍隊(全体)の中の古参兵から個としての強者(怪物対人間を描いた二戦目はなかなかツボだったね)を超え、ハルクと同じ起源を持っていながらも力だけを求める怪物へと変貌する。前作のブルース父がなった吸収能力者はその姿も力も扱いも抗い難い自然、神であり、ブルースの抑えられないハルクという力の象徴であった訳だが、しかし対峙する存在ではなかった。対してブロンスキーは人間の心が持つ善に対する悪として非常に解り易く配置されており、ギリシャ風の円柱が聳え立つ廃墟での最終局面はそれが際立ち、英雄対反英雄という神話然とした闘いがテーマ的にも良く噛みあって、実に面白かった。ハルクなんて必殺技名を叫ぶしな。

 という風に、テーマとしても映像としても今回はヒーローの姿を描いていて、なかなか良かった。欲を言えば、一度封じた変身を復活させるに至るブルースの心情や、力を求めるに至るブロンスキーの心境がもう少しあった方が、映画としては締まった気がするが、しかしこれでも充分かな。

 さて、来月はアイアンマン。ラストに社長がちゃっかり出ていて、結構愉しみである。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/705-552de759
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。