上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 先日、と言っても、もう大分経っているが、大学の卒業式があり、サークルの四年の先輩方を見送って来た。自分は二年の、それも中途から入った身であって、一年から居た同輩と比べれば、関わって来た歳月は短いのであろうけれど、それでもお世話になった事には変わり無く、桜の花は華やかで、流れる風も小春日和の温かさではあったが、内心感じ入るものもあったり無かったり。

 ただこれからも普通に先輩方は顔出しそうだし、それよりも重要なのは、俺も四年になるという事実であるが。

 どうするよ卒論。どうするよ就活。

 就活といえば、地方の人材派遣会社に面接へ行ったのだけれど、嗚呼これは駄目だとはっきり解る位駄目だった。自分が本番に弱いのは良く解っていたけれど、よもやこれ程とは思っていなかった。面接の時間まで、喫茶店でぐだぐだしていたのが敗因か。要反省である。

 まぁ過ぎた事は置いておくとして、その日のランチは、インドネシア料理屋SuraBayaへ行った。

 インドネシア料理というのが個人的に気に成った訳だが、頼んだメニューはエビのココナッツ煮セット。横にスライスしたフの様なものを浮かべたウコンのスープに、鰹節の様な何かを乗せたライスの大盛りと共に出て来た主品は、ラー油に似た香辛料が白い汁に浮かび、その中にエビや各種野菜が煮込まれたもので、ココナッツという名称に反して辛い料理だった。だがコクがあり、甘味もあり、なかなか美味かった。材料が良く解らないけれど、同じ亜細亜という事で、日本人に馴染むものがあるのかもしれない。良く解らなかった食材は、友人にでも聞いて置くとしよう。

 唯一の難点は、スプーンとフォークを使っての食事法であり、お手元に食べ方(洋食におけるナイフがスプーンに代わるそうだ)が書いてあるのだけれど、良く解らない。とりあえずご飯へ汁と共に具を乗せつつ、絡ませて食べたが、これで当たっていたのか非常に不安である。

 そんな不安も、食後に出て来たココナッツミルクのアイスと、コピ・バリで、すっかり洗い流された訳だがな。いや、コピ・バリとうのは良いな。独特の風味があり、一応の珈琲党としては気に入った。家でやれるのならば、是非やってみたい所である。 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/713-1b172300
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。