上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ダニエルボンド二作目であり、且つ前作カジノロワイヤルからの直接的続編である。前作が頗る面白く、また今作の予告編、特にそこで流れていた007のテーマアレンジが頗る格好良かったので、これは見ねば、と思い立ち、レンタルと共に借りて見た。

 前にも言ったがジェームズ・ボンドに思い入れというのは特に無いので、曇り無き眼で見る。

 うん、アクション映画としては非常に良く出来ていたと思う。プロローグでの豪快なカーチェイスに始まり、裏切り者を捕まえるが為の攻防戦と続き、その怒涛の流れのまま、あれよあれよと海上戦、空中戦、そしてラストへと至る展開は淀み無く、実に爽快だった。

 ただその分ちょっと描写不足な印象を覚えたな。いや無い訳では無いのだが、アクションの凄さに全部持っていかれてしまっている感がある。特にボンドの成長、前作ラストでジェームズ・ボンドから007に本当の意味でなったあのラストに続くという意味では、少し、いやかなり物足りない気がする。うん、曇り無い眼で、と言ったが、大分フィルタが掛かっているか。

 だがそうだとしても、007の魅力は徹頭徹尾なプロ意識を持つスパイとしてのアクションであるというのは解る所で。プロ意識なるものがどの様な行動を促すかは何とも言えないが、もっと端的なスマートさがあっても良い気がする。

 まぁその辺り、良く見てもいないにわかが語っているだけなので華麗に流して欲しい所なのだけれど、ただ上にも出した様に、アクション映画としてはなかなか良かったので、一応お薦め。ただ、少なくともカジノロワイヤルは見ておくべきだと思う。OPの出来や、構成という意味で、明らかにあちらの方に分があると思われるので。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/741-71793994
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。