上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は一瞬天気が良く見え、大学も休みであった事から、豊橋市美術博物館に行って来た。開館三十周年という事で、『ターナーから印象派へ』なる特別展示を行っており、かねがね見たかった所、丁度良い機会とばかりに市電に乗って出向いたのである。

 まぁはっきり言って理に美術的素養は無い。少なくとも、そちら方面の知識は皆無で、印象派だ何だと言われても、どう語ったものか解らぬ始末である。だがしかし、ここはあれがいいだこれがいいだと己の気の向くがままに見て行く事にすれば、どれも良くこれも良く。それでいて良さを説明出来ないのが困りものだけれど、特に気にいった奴も幾つか。どうやら自分は、写実主義的なものの方が好ましいらしい。抽象的な、印象派とやらのものも良いとは思うけれど、余りびびびとは来ず。

 その帰りには隣接する喫茶店で軽く珈琲を飲んだ後、敷地内にある公園を練り歩く。普段ろくに出歩かない分、木々の間を直に進むのは新鮮な事限りない。まぁ尤も、フランス軍御用立ちという触れ込みで購入したトレーニングシューズが実に履き心地悪くて、踵の具合が酷い事になってしまっていたのだが。

 それからまた市電に乗って帰ろう、という所で、地元のお餓鬼様達と遭遇。正直あの甲高さと同乗するのは御免蒙ると、てくてく歩いて行く事にする。何これも散策の一環なれば、道中にてアメリカン衣服の店発見。明らかにそれっぽい放出品にはちょっと鼻息も荒くなったのだけれど、お値段見てげんなり。まぁそりゃそうだ。

 駅に付く途中、三方向に伸びた道路を跨ぐ三股の歩道橋が中心で空を見上げ、マナを感じて見たり。

 駅に付いてからはそのまま大学へ。サークル室には休みの割りに案外と人が居てびっくりである。白ウィニーを、朗々たる根本原理と魂の管理人入りCIPクリーチャー使い回しバンドデッキ(クローンと鬼火とリバイアサンで。回すのは主に酸のスライム)でぼっこにしたら、ガチバーンと黒コンとステロイドにぼっこにされたで御座る。魔術師殺し二刀流とか、お前は何処の弓兵だ何処の。

 帰りの大学の帰りには、自己について云々と。蛇か巨獣になりたい本質はクローン(ノーコピー)なのだよねぇ。ただ、まぁ、それも踏まえて小説書く気力にはなったけれど。ちょっくら、その本質に立ち返って誰か書いてみようと思う……就活? こまけぇこたぁいいんだよ。

 嗚呼後それで思い出したが、次回アポロガイストにRX登場ですよ奥様っ!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/747-14eaaead
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。