上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 グリーンピース味ソーダ? 珍味飲料メーカー社長が語る
[シアトル 21日 ロイター] 魚のタコス味やサーモン味など、新しい味のソフトドリンクを発売してきたシアトルの飲料メーカー「ジョーンズ・ソーダ」の新作は、グリーンピース味だ。

グリーンピース味の他に、七面鳥と肉汁ソース味、ロールパン味、スウィートポテトと酸中和剤味などが、10ドルから15ドルの「ホリデーパック」に含まれている。

ジョーンズソーダ社長のピーター・ヴァン・ジョーンズは20日、変わった味のソーダのパックは飲むに耐えない味でもすぐに売り切れると発言した。過去にはブロッコリー・キャセロール味、軸付きトウモロコシ味、芽キャベツ味などがあった。
「人々がどうして買うのかわかりません。私は一本も飲むことができません」

ジョーンズソーダには一般的な味のソーダに加えてフフ・ベリーや青りんごといったエキゾチックな味のソーダがあるが、2003年にはじめてホリデーソーダパックを売り出し、七面鳥と肉汁ソース味ソーダで評判になった。

「私たちには七面鳥味ドリンク市場のリーダーがあります。コカコーラやペプシと競争するのは不可能ですが、彼らが七面鳥味や酸中和剤味を出さないこともわかっています」と、ストークは言う。

彼は採用不可能な味はあるかと聞かれて、カレーチキン味には断固反対したと答えた。
「魚のタコスはただ不快でした。そして、私たちはチキンのカレー煮を試しました。それは間違っていました」と、彼は言った。


 見てはいけない舞台裏を見てしまった気分である。

 世の中には飲料と言うものがあるが、作る側がその味を解っていないとは。

 兎にも角にも飲料で必要なのはネタ性である。変わった味、喉をも通らぬ形状、へんてこりんな名前、期間限定など等。これらネタ性が渾然一体となり、奇妙な塩味を伴った甘味として、飲料を飲料足らしめるのである。

 飲料を飲む者にとって味の良し悪しは問題では無い。どれ程のネタ性が含まれているかが問題なのだ。ピーター・ヴァン・ジョーンズは改めてその辺りを心に入れて、どんどん飲料を販売して貰いたい。

 ただネタ性とか何とか関係無しに売れてる気もする辺り、単純にアメ公の舌が変なのかもしれぬ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/77-6ac97835
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。