上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009.10.18 スナッチ
 キャラ造詣として(ぶっちゃけ主役としてこいつを使いたかったのである)ブラピを観察する為に動画を探していた所、見つけたこいつが格好良かったので思わず借りちゃった。



 バッカーノ!のOP演出はこの映画のオマージュらしく。アニメの方も皆からお勧めされたので、見たい所ではあるが、それはまたの機会に譲るとしよう。

 さてガイ・リッチー監督の作品、はこれが初めてになるかな? 他に知っているのは、名前だけだがリボルバー位か……何か偉い評判悪いらしいな、あの映画。ちょっと借りて見ようかと思っただけに、残念という所だが、いやいや、しかし今作は実に面白い、良い映画であった。

 群像劇であり、ダイアモンド強盗を発端とするドタバタ・クライム・コメディという風合いなのだが、実に構成が上手い上手い。くるくる場面代わりながら破綻無くぽんぽん進んで、それがまた具合良く絡みながら向かって行く展開は、最後まで飽きさせずにしっかりと見させてくれた。何処と無くデヴィッド・フィンチャーっぽい印象も受けたが、関連はあるのかな? ともあれ、この演出に脚本は見事と言うしかあるまい。特に三つの流れが一つとなる一連のシーン(ぽい→ばしゃーん→ききぃ)は笑った笑った。

 そして動画を見ても解る通りの、男祭りがまたイカス。男というよりおっさんというか、野郎だな、野郎祭り。右見ても野郎、左見ても野郎、上見ても下見ても中見ても野郎で、雌の香りが微塵も無い。モブ含め、女性キャラは両の手で数える位しか出て来ないのではと思わせる、この潔さは良し、である。や、普通に格好良いんだけどね、皆。何言ってるのか解らねぇブラピや、トランスポーターの所為で勝手に俺の中で実写版ロジャー・スミスになってる正直あんま目立ってねぇジェイソン・ステイサムとか、露西亜人の人も良かったなぁ、というか皆良かった。

 この前のバーン~を皆で見ようと言っているが、これもまた皆で見たいな。うん、良作である。前作であり初作品である『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』も評判いいみたいだし、探して見て見るかなぁ。残念ながら、うちのバイト先には無いみたいなんだけれども。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/778-99fb4bd3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。