上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 が子を産んだ」は事実ではなかった
[サンパウロ 22日 ロイター] ブラジルの「子と子のミステリー」が解決した。

あるブラジル人の女性が「飼いが子3匹を産んだ」と主張していたが、血液検査の結果、事実ではないことが判明した。21日、遺伝子学者のアディル・パシェコ氏が明らかにした。

ブラジル南部パッソフンドの貧困地帯に住むカッシア・アパレシーダ・デ・ソーザさん(18)は17日、飼いのミミが子3匹と子3匹を産み、子はみんな死んでしまった、と語った。

パッソフンド大学生物学研究所の所長であるパシェコ氏は「専門家でない人は、しばしば空想を現実と思いこんでしまいます。事実はすべて、彼女の主張と矛盾しています」と語った。

パシェコ氏は地元新聞社から、マスコミの注目を集めた主張の真偽を検証するために染色体テストを依頼された。同氏は、哺乳類が別の種の子供を育てるのことは時々あることだ、と語った。


 星屑の革紐聞いた後だと色々と思う所がある事件である。関係無いがな。

 さて、以前語ったこの事件であるが、やはり嘘であったそうな。まぁ最初から疑って掛かっていたので『あぁそう』と言う感じであるが少し残念でもある。

 丼とか良くない?

 勿論擬人化でな。《物語》の翼は地平線を軽々と飛び越えるのである。

 しかし、猫がを(死んだとは言え)育てたと言う話でも、それなりにへぇと言う感じなのだがな。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/79-ddc033da
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。