上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ここ最近は卒論の為の資料集め兼読書をしながら、MTGに耽っている。というよりも、MTGに耽りながら、卒論の為の以下略という所だろうか。合間合間には何時もの様にバイトでいらっしゃいませ。授業も実質二つしか無い為、ある意味ではかなり暇しており、サークルの一年生に、また逢いましたね、と言われてしまった。まぁそりゃそうだろうと苦笑いしか出て来なかったけれど。

 所で、MTGにおける我がカラーは青と緑である。MTGを始めたのは中学一年の頃になるから、まぁ結構良くやっているとと感心する限りであるけれど、最初に買ったテーマデッキからして青緑(ネメシスの消散デッキね)だった。そこから某デュエルファイターの影響を受けつつ、緑は抜けつつも基本的に青を使い続け、アポカリプスで神秘の蛇を手に入れてからは、俄然青緑であり、そして数年間のブランクの後は、一貫して青緑である。たまに白が入りもするが、この二色からぶれる事は殆ど無い。今日も、さり気に本領を発揮して来たという、青緑ランデス・リヴァイアサンでふはははして来た。ムル・ダヤの巫女とアルパクァに寄るライフ回復機関が絶妙に美味しい限りで、何ともまぁ、皆にうざがられている。

 だが大学に入ってから作ったデッキはと言えば思い出せる限りで、ついえし希望による青緑187ループデッキ、ヴィダルケンの黒幕による青緑187ループデッキ、逆説のもや+夢生まれの詩神をキーにした青緑バウンスライブラリー破壊デッキ、プーカの悪戯を使って色々悪さするデッキ、ぼくらのリヴァイアサンをキーにした青緑187ループデッキ、そこに白を足してロウクスやら管理人やらキッチンやら騎士長を積み込んだデッキと、我ながらろくでもないものばかりであり、うざがられるのも無理は無い――大学に入る前から、ライジングウォーターとかアンクタイドとか蛇対立とかカウンター総体の知識とか組んでいたから、この傾向は大昔から変わってはいないのだろうが。

 さて、こうやって我が製作デッキを連ねると、ちょっとしたものが解って来る。デッキには作成者の人格が出る、というのが私の持論だが、それを踏まえた上で製作デッキを見返せば、『基本的に地雷(非主流)である』『相手に直接干渉出来るものが極端に少なく(干渉するにしてもバウンス等の間接的手段で)自分の利益(≠ゲームの勝利)を求める方に焦点が置かれている』といった共通点が出て来ようか。青と緑という色ならば、ある意味そうなって然るべきなのだけれど、優秀なクリーチャーをカウンターで守るクロックパーミッションに走らないで、芳醇なマナやドロー等のサポートを使って好き勝手にやろうという辺りが、何とも保守的であり、また内向的である――対戦相手に鬱陶しがられる筈だ。このデッキ(作ったのは自分だし、使っているのも勿論自分だが)にとって、対戦相手及びその行動は、自らの行動を阻害する一因に過ぎず、その勝負は、本質的に独り遊び、それも、地雷=少数派、つまり個性的である事を欲する、となれば勝つ事と一致しないデッキである為に延々と行なわれ続ける、たちの悪い独り遊びなのだから。そんなものに付き合わされるのは、正直しんどいであろう。デッキを交換して対戦した作成者が言うのだから、まぁ間違いあるまい。

 と、ここまで来た所で、長年自他共に浮かんでいた疑問、何故私は独逸文学を専攻したのか、そもそも何故独逸なのか、という所に、明白な解答が得られた気がする。カード遊びでも小説でも、自分が何をやっていると言えば、それは総じて自己探求であり、求めるのは所謂『内面性』という奴なのである。外では無く内へ、只管に己自身へ眼を向け、高みへと達し、救いを見出す。何時からそうだったかは解らない、が恐らくそれが、それこそが私の本質であり、また望む所であるのだ。その事はまた独逸と独逸人の特徴であり、独逸文学の一ジャンルとして名高い教養小説が描くものであり、また俺が卒論として選び、このblogの名にもなった『ヴィルヘルム・マイスターの修行時代』にて描かれているものなのであり、だからこそ私はMTGにおいて青緑なる色を元に、かようなデッキばかりを作成しているのである――先の後輩に、何故かと聞かれた答えも、これではっきりと言えよう。『俺が求めるのは己自身の魂の成長であり救済であり、独逸と独逸人も同じものを求めていたのだ』から、と。

 何か物凄い今更な気がしなくもないけれど、今まで浮んでいたもやもやが急にすっきりしていい感じの晩秋の夜、という奴である。決して、某デュエルファイターの独逸代表が、青緑対立デッキを使っていたからでは無いのだよ、うん。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/791-c3fdc0dc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。