上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 という訳で大分遅れてしまったけれど、霧彦さんが逝ってしまわれた訳で……。

 序盤の和解シーンが何ともブチャラティな限りで、これはいよいよ仲間になるかな、と期待していたら、屋敷の地下へ潜伏し、真相を知って、お義父様に立て付いた辺りからいよいよ雲行きが怪しくなり、ミックに颯爽とじゃれつかれてまさかの義妹に助けられた所での会話の過去形っぷりに、嗚呼これはもう駄目だ、と思っていたら案の定……それでもまだ最後の望みを託していたら、まさかの雲散霧消である。それでも霧彦さんなら、霧彦さんならどうにかしてくれる、とか思ったが、オールアップの公式アナウンスが……。

 うぅん、正直今になっても、まだ復活してくれるんじゃないか、という希望はあるのだけれど、確かにあの終わり方は近年稀に見る程潔く。残念ではあるが、こうやって惜しまれながらの退場というのが、ある意味最も相応しいものであるのかもしれない。二号ライダー・アクセルの登場と共に去って行くのも、構成的には上手いと思うし。

 ともあれ、良き悪役にして良きライバル、良き友人で、良き夫になろうとした彼に神のお恵みがあらん事を。

 ……まぁナスカメモリは残っているんだし、あれがダブル側に来るフラグが立ったとも言うのだけれど。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/807-49643bf3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。