上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 逆撫DESTRUCTION♪

 縁起でも無いけれど、元になったCMは凄い好き。そんな理である。

 それはさておき、世界激震後の青緑デッキでは、僕等のリバイアサンとテラストドンが暴れている。

クリーチャー(19)
 4 ケデレクトのリバイアサン
 3 テラストドン
 4 酸のスライム
 2 クローン
 2 失われた真実のスフィンクス
 4 国境地帯のレインジャー

呪文(17)
 4 広がりゆく海
 4 不屈の自然
 3 探検
 4 召喚の罠
 1 野生語りのガラク
 1 ジェイス・ベレレン

土地(24)
13 森
 7 島
 4 霧深い雨林


 見ての通り土地サーチやキャントリップで加速及びデッキ圧縮しながら、酸のスライムと広がりゆく海でマナを抑えている間に、召喚の罠から、或いは素出しからリバイアサン或いはテラストドンをプレイする、自分のやりたい事を只管にやる事を念頭に置いた地雷系ビッグマナデッキである。

 勝ちパターンとしては、リバイアグルグル(身内用語:二匹の、一匹は大抵クローンで代用されるリバイアサンで延々パーマネントを戻しては出させ、出しては戻し、アドバンテージを稼ぐ。うざい)で場を滅茶苦茶にする合間に殴りに行くか、アドを稼ぐまでも無く早々と現れたテラストドンと(大抵はと自分の土地辺りを割って出て来る)そのお供がぱおーんと殴り殺しに行くか、という所。

 勝率的にはまぁそこそこ、という所。アドバンテージ稼いで土地破壊して行く上に、召喚の罠がある御陰で青辛みのコントロールには滅法強いが、ウィニーに弱いのは相変わらず。六マナ出せるまで耐えられるかが、勝負の分かれ目。ここら辺りはもう割り切って、サイドボード後にクラーケンの幼子やリバーボア、カミツキガメ辺りを入れてどうにかしたい所。後、キャントリップ的なアドバンテージの稼ぎ方なので、手札破壊、黒系統も相当しんどい。脅迫で召喚の罠か土地サーチカードを落とされ、こちらが何かするよりも早くにヘドロが飛んで来ると目も当てられない始末。クリーチャーの質を向上させる方が健全と解っているけれども、CIP持たぬクリーチャーは余り使いたく無いのだよなぁ。

 とは言え、\テラストドン!/ を出してからの連投で、\リバイアサン!/ が決まった(当然ながら、マダオヴォイスでお願いします)時の爽快感、圧倒的じゃないか我がデッキは感覚は筆舌に尽くし難く、これだからマジックは辞められないので、根本は変えずに行くつもりでもある。

 そうそう、後、エルドラージの一体が公開された訳だけれど、予測はニアピン。余りに見当違いだったらどうしようと思っていただけに、まぁ遠からずも近からずな結果には安堵している。まぁ、大概の人間は気づきそうなものでもあるが……ともあれ、次は青緑ウージンだなっ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/825-d4eb0807
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。