上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 バイトの時間が迫っているのに田園風景を家族と一緒に散歩していたと思ったら、魎呼となって異形の悲哀を天地父に打ち明けていれば、ふと気付くとヤエちゃん(デフォルメ)になった気でくノ一の過酷な人生に想いを馳せるから覚めた後、寝ぼけ眼で「誰が好きかって言ったら、鷲羽ちゃんだったなぁ……」そう呟いて見る人間が居たっていい。春眠とは、そういうものだ。理である。

 夢と言えば、さっき見たデイヴィット・リンチの『マルホランド・ドライブ』が面白かった。面白かったけれど、これは感想が言い難い映画である。丁度、天使のたまごに似ているかもしれないな、感触は。難解と聞いていたのだが、思った程でも無く、一回見るだけで内容は理解した、と、思うのだけれど、だがそれを口で説明するのは難しい。もとい、勿体無い。折角だから、自分で見て欲しい。そう思わせる映画だな。

 概要だけ言ってしまえば、あの脚本に良くまぁオブジェを詰め込んだと思う。自分も似た様な方向性を求めてはいるけれど、だが今はまだ、ちょっと真似出来ない……少なくとも全部は無理でしてよ、はい。しかしリンチは凄いね……他にも作品あったら見たいけど、あるものかなぁ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/840-81fe0d85
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。