上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
を冷凍カロリーメイトで再現出来るるとか言う話を小耳に挟んで実行して見たのだが、パキンとサク感だけ味わえて、肝心要のシャキ感が無かった。大分惜しい所まで来ているとは思うんだがね。そんな今日この頃。後は卒業生内でお別れ(?)会に行ったり、久方ぶりに酒と煙草とスマブラとワンダに溺れながら夜を過ごしたりと、ボヘミアンな感じで、まぁ案外と恙無く生きてます。何だかんだでっ。

 しかしBLAME!はまじ面白いですよ。今更だが。一巻読んで思わず大人買いしてから、何でこれをスルーしてたのかと後悔するレベル。何度目かという感じだが。そしてそもそも読むに至った理由が、ハルシオンランチの一コマなのは内緒。や、まぁ、前々から存在自体は知ってたんだけどね。

 内容としてはあれかな? 古き良きローグ型RPGのシステムを、SF的な解釈の中で、ストーリーと世界観に反映した感じ。物凄いストイックな作品であり、与えられる情報は極々僅かで、物語としての起伏も少ない。けれど、圧倒的な画力から描き出される構造物やガジェット、キャラと言った記号によって、言葉で表せない何かを浮かび上がらせて来る感覚。それはサイバーパンクの王道と言えば王道なのだけれど、絵によってここまで伝えてくるのは見事というより他なるまい。

 まぁ台無しの一言を言ってしまえば、ヒロインのシボさんがねぇ、いいんだよねぇ。サナカンもメンサーヴ様も好き(あ、プセル他珪素生物忘れてた)だけどさぁ、やっぱシボさんですよねぇ。行き成り腐乱死体で現れたと思ったら、主人公の二倍近い大きさの男前な御姉様になってピンチ救ったり、気付けばロリになったり、敵と融合したり、別の世界線からさらっともう一人出て来たり、実はスペア用意してたり、準ボス級の存在に変貌したり、素敵に異形な自動人形ボディに収まって見たり、妊娠したりと、人格をデータ化した存在であるとは言え、ここまでその性能を遺憾無く発揮し尽くし、幾つかにおいてはそれを凌駕したヒロインは居ないのでは無かろうか、いや居ないねっ(反語)。

 と言う訳で、やっぱり今更だけど、まだ読んでない人は是非に……あ、実はアンドソーオンの例の作品はまだ読んでないんですけれどパンチラですってね?
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/851-e0501d82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。