上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 「赤い黄」アヒルに広がる不安 中国
[北京 27日 ロイター] 現在、中国では汚染した「赤い黄」のアヒルをめぐって国内に不安が広がっている。警察は染料を販売していたトレーダーを拘留した。

赤い黄のは普通のよりも栄養が豊富だと宣伝され、高価な値段で取引されていたが、北京を含む主要都市の当局は今月、そこに発がん性のある産業染料スーダンIVが含まれているのを発見した。

『新華通信』は農業部の発表を引用し、の主な産地である河北省の警察が、アヒルの餌に混ぜるようスーダンIVを家禽農家に供給していた男性を拘留したと報じた。
さらに全国で合計1万400羽のアヒルが処分され、2025キロの卵が廃棄、800キロの餌が凍結されたとのことだ。

中国では近年、おざなりな管理体制のもと利益をあげるためなら何でもやる生産者やトレーダーのせいで、食品の安全性をめぐるスキャンダルが相次いでいる。

北京、上海その他いくつかの都市の市場およびレストランでは、ヒラメの販売が中止された。禁止されている薬品が含有されているのが見つかったためだ。

国営メディアは、養殖業者たちは普段から使用禁止の安価な抗生物質を魚に与えていると報じている。

ヒラメ生産地である沿岸都市の日照と山東省にある3カ所の養殖所は、罰金の支払いと販売の中止、そして汚染された魚の廃棄を命じられた。


 食品関連で、非常に危険な事が知れている現在の中国で、さらにまた一つ危険なものが出て来たそうな。金の卵成らぬ赤い卵(黄身のみと言う所がさらに嫌だ)であるらしい。全く持って洒落に成らない話である。

 まぁこの男のやった事も解らなくも無い。何を馬鹿な、と思うかもしれないが、見栄えを良くする為に人体に大なり小なり有害な…無害なものなど無いだろうが…染色剤を使うのは何処でだってしている事だからだ。

 だからと言って、許して良いのか、とは別問題であるがな。

 ……オチが無いな。あー、あれだ、アカの子は何処までもアカだって事で一つ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://tasogaremignon.blog79.fc2.com/tb.php/86-68e747a2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。